装置の概要
荷油タンクの洗浄作業完了後、タンク底部より残油をストリッピングする為の規則として、IMO MARPOL 73/78決議 A.446(XI) 4.4.4.に、『貨物タンク底部がドライである事を有効に確認する為の他の承認された装置が設置されていない場合、貨物タンクの最後部及び他の適当な3箇所に手動測深の為の適切な設備を設けなければならない。』と記述されております。
タンク底部のドライ検知を最も容易に、且つ、簡単に手動で行う方法として、ドライ検知スケールをタンク底部に到達する迄降下させ、残油によるぬれ具合により検知する事が出来ます。

"MMC"荷液サンプル採取装置 MODEL. "RSTF-AN" は、サンプル採取器 MODEL. "05L43D" のかわりに、残油検知棒〔ディップスケール〕 MODEL. "DS-200S" を目盛尺の先端に取り付ける事により、タンク底部のドライ検知〔ハンドディッピング〕作業が出来、この装置は、甲板上に設備された自動閉鎖式の測深管開口端弁〔MODEL. "ANK-52" 又は "ANK-52F" 型〕と、甲板上の他の3箇所に設備されたタンク底部ドライ検知用開口端弁〔MODEL. "D-25" 型〕のいずれにも使用出来る構造であり、タンク内の危険なベーパーを漏らす事なく、タンク底部のドライ検知〔ハンドディッピング〕作業が出来ます。